鹿児島県のM&A(事業承継・事業譲渡)相談なら

今回は、鹿児島県のM&Aについてみていきましょう。

まず、鹿児島県の特長をみていくと、農業ではサツマイモ、畜産では豚、水産ではブリの養殖収穫量1位と恵まれた立地です。

観光では、砂むし温泉で有名な指宿温泉や硫黄泉などの多彩な湯が湧く霧島温泉が有名な温泉地でもあります。

私も以前は、M&Aのご相談で天文館通りをよく通りました。

 

 

鹿児島県の社長の平均年齢は62.50歳!

 

 2019年の社長の年齢調査によると、鹿児島県は、62.50歳で全国第22位です。

65歳以上の人口比率は31.94%となっております。

(出所 東京商工リサーチ)

 

現在、鹿児島県の中小企業では、以下のような課題をお持ちの社長のも多くいるのではないでしょうか。

 

その1 働き手の不足

その2 将来に向けた事業継続に対する不安

その3 後継者がいない・みつからない

 

このような課題を解決する方法として、M&A(エムアンドエー)を選択する社長も増えています。

これまでM&Aの実行を決断するタイミングを決めかねていた社長が、将来に向けた事業継続に対する不安から「大手企業との提携に向けてM&Aを進めたい」という相談が多くなりました。

また、相手が出てきた段階で進めたい社長は、M&Aチャットはじめの無料掲載サービスを活用しながら進めることもできます。

 

鹿児島県におけるM&A

それでは、鹿児島県の企業によるM&A事例をみていきましょう。

九州電力の全額出資子会社であるQTNet(電気通信事業)がプロeスポーツチーム「SengokuGaming」運営する戦国(鹿児島県)をM&A

かごしまアグリクラスター6次産業化投資事業有限責任組合(鹿児島ディベロップメント運営ファンド)による健康食品、化粧品、食料品規格、開発、製造のヘルシーアイランズをM&A

メガネスーパーを展開するビジョナリーホールディングス(神奈川県)がメガネ専門店「メガネロード」(鹿児島県)をM&A

この記事をシェアする
この記事のタグ:

株式会社経営承継支援は、一社でも多くの企業を廃業危機から救うため、全ての企業様のご相談をお受け致しております。
M&A(株式譲渡、事業譲渡等)に関して着手金無料でご相談可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

新着記事