長崎県のM&A(事業承継・事業譲渡)相談なら

長崎県のM&A事情について解説していきます。長崎県と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。
私は長崎県の佐世保市を訪れたことがあります。
佐世保は、「ハンバーガー伝来の地」とも言われており、佐世保バーガーとレモンステーキを食べました。

 

長崎県の社長の平均年齢は63.76歳!

 

 2019年の社長の年齢調査によると、長崎県は、63.76歳で全国第5位と社長の高齢化が進んでいます。
65歳以上の人口比率は32.65%となっています。(出所 東京商工リサーチ)
さらなる世代交代を進めるにあたり、中小企業の経営者は以下の課題を抱えています。

 

その1 働き手の不足と経営者の高齢化

その2 今後の事業継続への不安

その3 後継者がいない・みつからない

 

長崎県のM&A事例をご紹介します

事例1

ユニフォーム販売事業をおこなっている長崎県の九州ワークは、企業納入向け作業服を販売する佐賀県のサガユニホームの事業を譲り受けました。このように近隣県のM&Aは一般的です。

事例2

機能性樹脂加工品を製造している東京都の中興化成工業。

長崎件にあるプレスチック加工等の切削加工の工場などをコーエイから譲り受けました。

この記事をシェアする
この記事のタグ:
M&A編集長
NO IMAGE
藤原 秀人

全国の中小企業M&A事情を届けるべく全国を飛び回り地元で活躍するM&A専門家や企業を取材。 元M&A仲介業務をおこなっており、2016年にM&Aマッチングサイトを立ち上げ、大手企業に売却。 現在、M&ABUZZYouTuber&M&A編集長。  広島県出身/早稲田大学政治経済学部卒

株式会社経営承継支援は、一社でも多くの企業を廃業危機から救うため、全ての企業様のご相談をお受け致しております。
M&A(株式譲渡、事業譲渡等)に関して着手金無料でご相談可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

新着記事