M&A編集長が語る京都府のM&A事情

こんにちは、M&ABUZZ編集長の藤原です。

今回は、観光スポットの宝庫、京都です。

京都は、金閣寺、清水寺、二条城などがありますので、この水占みくじの写真は、京都の「貴船神社」で撮影したものです。

それでは早速、京都の事業承継についてみていきましょう。

京都府の社長の平均年齢は何歳?

 

 2019年の社長の年齢調査によると、京都府は、62.23歳で全国第30位ですので、比較的、世代交代が進んでいる地域です。

65歳以上の人口比率は、29.15%(約3割)となっていますが、将来の事業承継について以下のお悩みを持たれているかもしれません。

 

その1 働き手の不足と経営者の高齢化

その2 今後の事業継続への不安

その3 後継者がいない

 

 

京都府のM&A成立件数は、都道府県で第17位!

 

都道府県別にみていくと、M&A成立件数は、京都府は17です。

 

2000年1月から2020年6月で、200件を超えています。(公表ベース)

 

京都府におけるM&A

京都府に拠点を有する企業のM&A事例のご紹介です。

 

 

ホテルのM&A

2021年4月に、東京都内にある不動産コンサルティング事業を展開する霞が関キャピタル株式会社が、京都でホテル事業を経営するメゾンドツーリズム社の全株式を取得し、子会社化することを決定しました。

 

ホテル・旅館の事業承継に関するお問い合わせ(相談無料)

 

 

その他の業種におきましても、京都府の中小企業からM&Aのご相談をいただいておりますので、お気軽にご相談ください。

この記事をシェアする
この記事のタグ:
M&A編集長
藤原 秀人

全国の中小企業M&A事情を届けるべく全国を飛び回り地元で活躍するM&A専門家や企業を取材。 元M&A仲介業務をおこなっており、2016年にM&Aマッチングサイトを立ち上げ、大手企業に売却。 現在、M&ABUZZYouTuber&M&A編集長。 https://youtu.be/molGdJ0T5DU 広島県出身/早稲田大学政治経済学部卒

株式会社経営承継支援は、一社でも多くの企業を廃業危機から救うため、全ての企業様のご相談をお受け致しております。
M&A(株式譲渡、事業譲渡等)に関して着手金無料でご相談可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。

新着記事